生ごみや糞尿で発電|様々な会社を選べる電力自由化|料金相場を比較しよう

様々な会社を選べる電力自由化|料金相場を比較しよう

男性

生ごみや糞尿で発電

バイオガス

発電の仕組み

生ごみや糞尿を放置しておくと、時間の経過とともに強い匂いが出てくるようになりますが、これは腐敗によってバイオガスが発生するからです。昨今ではこれを利用した、バイオガス発電が注目されるようになっています。バイオガス発電では、まずは生ごみや糞尿が燃やされます。するとここから発生したバイオガスも一緒に燃え、それにより燃焼熱が発生します。そして燃焼熱によって出てきた蒸気でタービンを高速回転させれば、電気が生み出されるのです。生ごみも糞尿も、人間や動物が生きて活動している限り、次々に出てきます。これらをまとめて処理できる上に、電気を作ることができるわけですから、効率の良さからバイオガス発電は話題となっています。

資源を使わない電力供給

発電は、火力や風力、太陽光など様々なエネルギーを使っておこなわれていますが、これらにはそれぞれデメリットがあります。火力発電の場合は、火力の維持のために石油や石炭などの資源を使うことが、風力や太陽光による発電は、天候によっては発電量が少なくなることがデメリットとなっています。それに対してバイオガス発電は、石油も石炭も不要ですし、天候の影響を受けることがありません。つまり限りある資源を失わずに済む上に、安定した電力供給ができるわけです。そのため海外の様々な地域で、家庭用のバイオガス発電機が使われるようになっています。日本でも小型のバイオガス発電機の開発が進められているので、知名度や需要は徐々に高まってきています。